自動車保険アジャスター

自動車事故に遭うと、不思議に思うことがあります。担当者が決まり、電話は何度も来るのですが「この人、話し理解できているの?」と感じたことがある方もいるのではないでしょうか?「実際に車のキズを見てもらえれば分かります」「事故現場の状況からすると・・・」あまり話しがかみ合いません。「担当者なら一度くらいは見に来なさい!」と言ったところで始まらない事故対応。保険会社はどのように事故状況や車両損傷を判断するのでしょうか?

自動車事故損害サービスには欠かせない存在・ジャスター

担当者へ不満をぶつけても解決しないのが事故対応の厄介なところです。事故状況が複雑であればあるほど、保険会社の事故対応には不満の声があがります。なぜでしょうか?そもそもあなたとお話しする担当者は車の損傷を見に行ったり、事故現場を確認したりはしません。それを行うのがアジャスターと言われる方々です。

アジャスターの役割とは

事故にまつわる損害調査業務を行うのがアジャスターです。アジャスターと呼ばれるスタッフは社団法人日本損害保険協会に登録されています。見習・初級・3級・2級などの資格があり、その他の資格として特殊車アジャスターというものもあります。

技術アジャスターと専属アジャスターが存在します。技術アジャスターの業務内容は車両の損傷の診断や照合を行います。専属アジャスターは事故の責任の割合を調査したり、被害者との示談援助を行いながら事故の最終解決までを行っています。

Tags: